Foods

BUBBLE OVER

アメリカンスタイルを愛してやまないオーナーが追求し続ける味

ダブルチーズバーガー ¥1,600

photos_Nao Miyake


オーナーの鮫嶋勝昭さん62歳。学生時代に聴いたフォークやクラッシックロックなどのアメリカン音楽に影響を受けて、27歳のときに憧れの地カリフォルニアへ。ファッション・音楽・フードと全てに魅了され、アメリカンカルチャーの虜となった。

飲食店経営の経験はなかったものの、自分の好きな世界を日本でも紹介したいと地元にBUBBLE OVERを開店させたのが30年前のこと。当初は、閑静な住宅街に忽然と現れたレストランに足を運ぶ人は少なかったそうだ。しかし、鮫島さんの理想を具現化したアメリカンレストランには、アメリカに思いを馳せるバイカーやロック好きなど人たちが噂を聞きつけ、しだいに都内や県外から訪れるようになった。それからは地元の人も少しずつ増えていき、今では地元で愛される老舗として賑わいをみせている。店内では、ピザやタコス、サンドイッチ、ピーカンパイなどのボリューム感のあるアメリカンフードと豊富なお酒を楽しめる。

ハンバーガーメニューの中での一押しは、ダブルチーズバーガー。チーズバーガーしか食べないという鮫島さんがこだわり続けている一品だ。バンズはふわっと軽く、自家製のサウザンドレッシングが染み込みすぎないように工夫されている。パティのお肉の引き方は粗く、食べたときにところどころにお肉の塊が残り、肉肉しい食感。チーズはチェダーチーズを使用。とろけ具合が絶妙で、パティに濃厚チーズが主張しすぎず全ての素材がバランスよくからみ合う。

鮫島さんが目指すアメリカンフードは、アメリカのローカルに愛されてきた本場の味だ。本場の味を求め、毎年かかざずカリフォルニアへ行き、ローカルの人たちがたむろするレストランやバーに足繁く通い続けている。その度に本場の味を再現したいと試みるが、現地で味わってきたそのままの味にはならないという。謙虚な姿勢をみせる鮫島さんですが、60〜70’sのアメリカを彷彿させるクラシカルな店内で、運ばれてきたハンバーガーをほおばればこのお店が賑わっている理由がわかった気がする。

オーナーがこれまで米国で買い付けてきたポスターや雑貨で彩られている店内は、60〜70年代のクラシカルな雰囲気に浸りながらアメリカンな食事を楽しめる。


BUBBLE OVER

1-5401Ichigao Aoba Yokohama

TEL:045-972-2424 http://www.bubbleover-web.com

姉妹店

Lucy's Bakery http://www.lucysbakery.net

Trouba Dour http://www.troubadour-web.com

Surge Coast Store http://www.surgecoaststore.com